見終わりました。


前回のブログで言うと2よりは1に近い感じですかね。


褒めると見せかけて、バカにするいじり。


ただ、必ずしもその一面的な見方はできないとも思いました。


東野幸治はお客さんの反応で、ポジションを変えたようにも見えたので。


お客さんの反応で、視聴者の反応も想像できると考えると、お客さんを笑わせるのは大切だものね。


お客さんの反応があんまりなのは、やはり嫌われ時代のが大きいんだろう。

人はそんなすぐに人のイメージ変えられないだろうし、嫌いなものはしばらくは嫌い。


他の芸人のスタンスも、一面的にはいいにくいスタンスだったと思います。


眠くなったので続きは気が乗ればまた書きます。


おやすみ。