初めての転職は不安ですよね。
自分は転職できるのか、できても転職先はどんな企業でどんな仕事なのか、周りの上司、先輩、同僚と上手くやっていけるのか、不安は尽きないと思います。

まして20代の未経験業界での転職となるとその不安は一層だと思います。

僕は人材紹介企業で5年間働いているのですが、その不安を少しでも和らげられたらと思って記事を書きました。


初めての転職はエージェントを使おう

転職するときに使うサービスには、転職エージェントと転職サイトがあります。

初めての転職のときは転職エージェントを使った方がいいです。
自分の希望やキャリアの整理・スケジュール管理・面接対策をしてくれるからです。
転職サイトは自分で全部やる必要があるので、初めてのときは向きません。

未経験でも採用されやすい業種・職種

今までとは違う新しいキャリアに進みたいのだけれど、どういう業界・職種がそれが可能かって分かりづらいですよね。
簡単に言うと、人が足りていない業界・職種でそれが起こりやすいです。
有効求人倍率で言うと、今はIT業界のエンジニアが圧倒的に人が足りていません。
こういったところで探すと、未経験歓迎の求人が見つかりやすいです。

あと僕のオススメはWebマーケティングです。
これも企業側のニーズは高いのですが、あまり経験者がいないので未経験でもOKの求人が見られます。 最初はWeb広告代理店で、Web広告の運用をしながら、SEOやアフィリエイト等のWebマーケティングの知識を貯めて行きましょう。
その後に、自分でブログやコンサルで稼いだり、より条件のいい、自社のWebのコンテンツマーケティングやWebサイトの企画ディレクションというキャリアもありえます。

学歴に自信が無い20代の転職

30代になると、どんな職能があるかということが重視され、学歴の重要度は相対的に下がります。
しかし、20代のうちはポテンシャルが重視され、それを評価するものさしとして学歴が使用されることが多いです。
なのでエージェントに登録してもキャリアアドバイザーがつかないことがありますが、それが原因のこともありえます。
大手転職エージェントに登録しても、カウンセリングが設定されない場合は、20代や若手に特化した転職サービスを使ってみるのも手でしょう。

未経験からのキャリアチェンジに強い ワークポート公式サイト