カテゴリ: 働き方・転職・独立・副業

地方の人材不足解消を支援

こんばんは。
本日は以下の記事の感想です。

人材紹介会社マッチングのgrooves、地銀系VCなどから1.8億円を資金調達——地方の人材不足解消を支援
https://newspicks.com/news/2821196/

Crowd Agentを運営するgroovesが2億円近い資金を地銀ベンチャーキャピタル(VC)等から調達しています。Crowd Agentは企業が登録すると全国1000以上の人材紹介会社と繋がれるプラットフォームです。地方企業がこのサービスを使うメリットを以下のように述べています。

groovesでは、地方企業が人材紹介会社を利用することの効果について「地方企業がウェブメディアに掲載されたとしても、都市部から転職しよう、とはなかなかならないもの。しかし人材紹介会社が、企業のメリットなどを細かくヒアリングして魅力を伝えることで、転職が起こりやすくなる」と説明する。

「例えば、大分県に資本金1000万円未満のIoT関連スタートアップがある。普通に転職活動をしていたら、出身県だったとしても転職先候補には挙がりにくいし、気づかれない可能性がある。そうした企業でも、『大分ベンチャーキャピタルや行政からの支援も得て、IPOを目指しているんですよ』といった情報を人材紹介会社が説明することで、『それじゃあ、3年とか5年ほどそこで働いて、実績を上げてみるか』ということも起こりうる」(grooves担当者)

しかし、ここで疑問が湧きます。
人材紹介会社は現状、転職候補者のボリュームが大きい都市部に営業部隊を置いています。地方よりも都市部のほうがコスパが良くなるからだと考えられます。
どうしてgroovesは地方企業のヒアリングが可能になるのでしょうか。

 
その答えは地銀VCからの出資でしょう。
地銀VCが投資するのは、Crowd Agentは求人開拓も担っているので地方企業への人材支援を期待するからです。

地方企業の人材支援が活発になり、企業活動も活発になれば、地銀から借りてくれる資金も増えることを見越しての投資だと思います。

地方の人材獲得の鍵は副業

現時点で、地方の人材紹介が成功するかは未知数ですが、僕はある範囲で成功すると予測します。
それは、副業の領域です。
がっつりと地方に移住して、そこで稼ぐというのは都市の人にとって結構ハードルは高いですが、副業なら可能性はあります。


この記事にもあるように、都市の人と地方の企業のマッチング率は高いように思えるからです。
Crowd Agentが転職にこだわらず、副業系の求人も集められたら、一定マッチするように思えます。


政府が助成金を出しても時代の流れに抗うのは難しいですが、時代が求めている方向にお金を置いて流れを加速させるのはありえるのかな、と考えています。
地方創生もこの方向で行くんじゃないかなと予測しています。

現実がどうなるかわかりませんが、地方と副業に関しては感度高く行きたいと思っています。

理系営業鬱
僕は現在、人材会社5年目で東京の企画職なのですが、1年目は名古屋で営業をしていました。
周りは優しくしてくれたし、成果もまぁ悪くはなかったのですが、自分の今までと違った環境ややり方にどこか馴染めず鬱になりかけたので、それを伝えます。

研究室のようなロジカルな世界から急に体育会系のような営業の世界に飛び込んでしまった・・・、体育会系は肌に合わないかも・・・、といったような状況にいる1年目のあなた、まだ4月ですが徐々に精神を追い詰められる可能性があります。

これを読んで、放っておくと鬱っぽくなる可能性があることを認識してもらいたいです。
1回、自ら精神科的なところでも診てもらうくらいまで行きました。
僕は偶々1年で東京の企画職に異動になったので、事なきを得たのですが、人によってはどうしようもない状況に八方塞と感じているのではないでしょうか。
僕は精神科医でも心理学者でもないので正解の対応法は知りません。
自分なりの考えを書き連ねるので参考にできそうな部分だけ参考にしてみて下さい。



理系院卒ぶって、営業予算にもなぜ?と考えてしまう


研究室にいるとなぜ?と物事の原因を考える癖を徹底的に仕込まれます。
一方で営業の仕事は、お客さんからの問い合わせや社内からの要望や質問、上司からの指令など、次から次へとやることが舞い込んできます。
なぜと考えることは非常に大切なのですが、1年目で経験がない中でそれを始めると時間ばかり取られて大した答えも出てきません。
ただ僕は、なぜこの予算が妥当だと設定されたのだろうか?とか思っちゃうタイプなんです。
なぜならそれが自分の行動の根拠になるものだからです。


通常業務も満足にできないのに、企業にとっての生産とは関係のないところになぜ?という疑問をもってしまう。
そこに時間が費やせなくなるので、自分の行動の根拠が良く分からなくなってくる。
行動の根拠が分からないと、次第に精神は弱っていきます。


文系的な感情を疎かにし、理系的な論理を崇める営業スタイル


現実の場は、論理が重要なときもあれば、感情が重要な場面もあります。
夏目漱石もそんなようなことで悩んでいたと思います。
なぜ論理を優先せず非論理的な感情論ばかりがまかり通るのだろう、と憤ることも多いかもしれません。
重要だな、と思うのは自分はロジカルだと思っていても、自分も結構感情で決めているということに自覚的になることだと思います。


自分をロジカルだと自認しているほど、驚くほどに感情的な自分に無自覚です。
あいつの意見を俺がよく聞くのは、実はあいつが俺の言うことを聞いてくれて俺を気持ち良くしてくれていたからだったのか。
あの人の言うことはてんで的外れだと思っていたけど、それはそもそもあの人のことが嫌いだから反論できるポイントを見つけに行っているのかもしれない。


みたいに自分の行動と感情を振り返ってみると気づく点は結構あります。
そして、ああ自分も感情に結構支配されているんだなぁと気づいてみて下さい。


すると、感情を疎かにして、論理を崇めていた自分に優しく諭せるようになると思います。


確かに論理は重要だ。しかし、人間である以上、その論理の正しさを認めるのは感情なのではないか、と。


院卒のプライドから営業成績も人と比べる


自分の方が合理的に物事を捉えられている、というプライドが生まれてしまうのでしょうか。
あまり他人を気にするタイプではないのですが、無意識にこうなっていたかもしれません。
営業なのでもろに数字が出ます。
また数字以上に内容にも納得がいきませんでした。
顧客の課題を解決していく同期とそこまでたどり着けていない気がする自分。


この焦りに似た感情はかなり自分を苦しめました。


自分が何をしたいのかが不明瞭


自分が何をしたい、どうありたいと願っているのかを知っていることって意外に重要です。
それが行動を続ける原動力になるからです。
逆にこれがないとフラフラします。
まったくこれがなくてフラフラ仕切れるなら強いと思いますが、普通、中途半端にこうしたいという気持ちはあると思います。
それが社会に出ると、強いこうしたいという気持ちに押し切られることになるのです。


謎の誰かの気持ちに巻き込まれることを防ぐためにも、自分が何をしたいのかを明確にして、そこに集中することが大切だと考えます。


自分が何をしたいのかを明確にするのは、自分でできることです。
これを育てることって意外なことに社会においては重要だったりします。
若いうちに少しずつでもいいので育てておくことをオススメします。


慣れない営業でも、鬱を避けるために大切なのは余裕と意志


以上、4点、僕が営業のときに自分の精神を追い詰めていたとおもう姿勢や考え方を挙げました。
書いていて思ったのは大切なのは、まずは余裕です。
焦ると周りが見えず、攻撃を始め味方も遠く離れさせてしまう可能性があるので、余裕を持ちましょう。
で、自分が何をしたいのか、意志を明確にしましょう。
というのが僕が今考えている結論です。


似た状況で苦しんでいるという人がいたらツイッターでメッセージとか頂ければ可能な範囲でお答えします。
身体は普通なんだけど、精神がやつれていく感じの辛さは僕も体験して厳しいものでした。
無理はせず、身体からの信号に正直にすごして下さい。
逃げる余裕があれば、転職するのも一つの手だと思います。
第二新卒向きの転職サービス等を使ってみてください。


関連記事


人生で何をするべきか迷っている方は是非下記記事を。


【考察】人生は無意味。だから頑張らないのか、だから頑張るのか?

仕事の価値観
僕は人材系の会社に5年勤めています。
やはりこの仕事をしていると働くことについて考えることが多いです。

毎日、何十、何百といった企業の求人票や個人の職務経歴書を読み他人の仕事の価値観に触れるので、仕事についての価値観みたいなものを形成しやすい環境にいるのかもしれません。
仕事とは、「生きることそのものである」「自己肯定を生むもの」「お金を稼ぐ手段に過ぎない」、それはもう色々な価値観があります。
そんな中で僕が思う、割と長期的に、死ぬ直前に良い人生だったと思えるような仕事に対する価値観を述べたいと思います。



自分らしい「個性」を出して働くという仕事の価値観


まず、合わない環境とはどんな環境かを考えます。
それは「自分の考えや価値観」と「上司や同僚との考えや価値観」が合わないということだと思います。
この価値観とは、色々なものを差します。
よく価値観が問題になるのは、結婚においては金銭感覚や子育て観、もったいないと感じる点とかです。
ミュージシャンだと音楽性とかになります。
仕事においての価値観は、自由か規律か、フラットか階層か、論理か気持ちか、とかが問題になってくると思います。

価値観という言葉自体が持つ意味は多様でも、仕事における価値観というとだいぶ狭くなります。

そして上司や同僚の考えは、会社が持つ価値観に色濃く反映されています。
保守的な価値観の強い会社だと、社員もそういう人が多くなるし、ベンチャー気質な会社は、社員もまたそういう考えの人が多くなりますよね。

以上を整理すると、合わない環境とは、会社が持つ仕事における価値観が、自分の仕事における価値観と合わない状況と言えるのではないでしょうか。

会社は、会社の価値観で行動してほしいと思っています。
その方が効率的だからです。
なので、個人の方が我慢して自分の価値観を出さなくなると思います。

僕も営業時代は、合理性よりもノリを重んじる感じがあまり合わなくて鬱になりかけました。
理系院卒・論理優先型の僕が地方で営業を1年やって鬱になりかけた話

勤務時間ずっと、自分の価値観と異なる価値観で仕事をしないといけないのは、とても苦しいことですよね。

しかし、異なる価値観の中で仕事をするのは仕方が無いことなのでしょうか?
僕はそうではなくなっていくと思っています。

一つには、AIの発達によって、人間の「個性」が重要になると考えられるからです。
ロボットでできる範囲がかなり広がってきているし、今後もある程度定型化できるものに対しては置き換わっていくことが予想されます。

すると、人間にはロボットにできない分野の仕事をすることが期待されます。
それが一つに「個性」なのではないかということです。

とあるコンビニの店員さんに「自分の行動を全部口に出して説明しちゃう」人がいました。
「お弁当、レンジに入れま~す」「袋にお弁当を入れま~す」と言って楽しそうに仕事をしています。

別のとある店員さんは、アイスを買って、「袋いらないです」と言ったら、不思議そうな顔をしてアイスの袋を破ってきました。

個性的だと思いませんか。

仏頂面で仕事をしている人よりも、堂々と輝いて見えます。

要は個性とはそういうことだと思います。

・・・違うか。

もう一方では、人間の方も「個性」を出してはたらきたいという欲求が高まっていると思います。
誰にでもできる仕事より、自分だからこそできる仕事がしたい、好きだと思えることを仕事にしたい、というような欲求です。

例えば、日本仕事百貨というサイトはそういった「個性」を大切にする仕事情報サイトですが、そういったニーズを掴んでいるのだと思います。


f:id:HighCor:20180411232929p:plain


shigoto100.com


「生きるように働く」をコンセプトにしています。
内容も真に迫っていて、価値観が伝わってきます。
こういうサイトなら、会社の価値観もわかるし、そこで働いている人たちの価値観も伝わってくる気がしませんか?

「自分に合う環境で創造性豊かに働く」という仕事の価値観


僕は今の大人が割と自分を殺して、上の言うことを唯々諾々とこなしていることが多いと感じています。

大学生までは生き生きしていたのに社会人になって輝きを失う人が結構いるように感じています。
合わない環境にいるにも関わらず、生活のために無為に過ごしているように見えます。

それは、自分に合う環境を就職活動のときに見つけられなかったことに一つの原因があるのでは、と考えています。

なので、就活生がコワーキングスペースに来て、そこで偶然出会う企業や社会人、起業家、フリーランス、就活仲間、後輩とかと何か化学反応を起こす、みたいな世界がくればいいと思っています。

就活中、同じ面接を受けた就活仲間とご飯食べに行ったりした経験ないですか?

関心は近いけど、所属は近くない仲の人と交わることって、いい情報交換になることが多いみたいです。

そういうのが生み出される空間が増えてほしいです。
リクルートスーツだけでなくて、自分らしくいられる場所で就活できたらいいよなぁとか思っています。

Googleが「プロジェクトアリストテレス」で明らかにしたのも、最も生産性の高いチームに共通する特徴は心理的安全性、つまり自分の思ったことを言っても責められたり非難されたりしない心理的に安全に思えるような環境があるチームだということでした。

簡単に言うと皆が自分らしくいられるチームの生産性は高いということかなあと。

世界の最先端企業が自分らしさを大切にするのであれば、多くの組織もそれに流れていくだろうなぁと思うし、これが実感にも合う気がします。

ということで、僕は今後世の中がそういう方向に進むだろうなぁとなんとなく思っています。


仕事の価値観が合う職場の見つけ方


会社なんてどこも同じと考えている人もいるかもしれませんが、会社ごとのカラーって結構違うものです。

小さい会社であれば、特にトップの影響力は大きいです。
小さい会社に就職しようと考えている人であれば、是非その人と飲みに行ってみて下さい。

その人の価値観・思想がにじみ出てくるのが、組織の面白く、恐ろしいところです。
評価や人事制度、命令系統、勤務形態、あらゆるところにトップの価値観は反映されます。

大きい会社の場合は、社風と直属の上司の両方を知っておいた方がいいです。
社風は付き合う社員の性格の方向性が一定わかるので重要です。

ただ結局自分への影響が大きいのは直属の上司です。
飲みに行けなくても、入社前の面談で職場の雰囲気を見て良いか尋ねてみたり、年齢が最も近い社員の話を聞いてみたいとか言って雰囲気を少しでも掴んで下さい。

人事が感じが良くても、それはそれ、これはこれなので注意して下さいね。


自分がこの職場の雰囲気は居心地が良いと感じるところに就職して下さい。
それが言語化されていなくても自分なりの仕事の価値観なのではないかと思います。

あとはyentaというビジネスマンのマッチングアプリがオススメです。
yenta-審査制ビジネスマッチングアプリ
yenta

僕も結構使っていて、無料とは思えないクオリティの高さで、自分の志向性と合う人をマッチングしてくれます。

毎日10人を会いたい、会いたくないとスワイプするだけでマッチングしてくれるのです。

これでいろんなビジネスマンと会って、自分とフィーリングが会う人が多そうな業界や業態、社風の会社を見極めていくのもありだと思います。

関連記事


現在の会社の価値観が合わない方へ。

転職したいなと考えているかたは実際に動くのが良いと思います。


転職経験者は、日本仕事百貨で転職先を探してみるのも一つです。

転職未経験者は、下のページから、転職活動の始め方を見てみてください。
転職活動の始め方。転職エージェントか、転職サイトか?人材業界5年の僕が解説

特に20代の方はこちらも知っておくと良いです。
初めての転職で不安。プロが20代・未経験でも成功する方法を伝授。

会社の価値観とは合うのだけれど、職種で合わないパターンもあります。
営業で鬱になりかけて、企画で生き生きしているのが僕だったりします。
理系院卒・論理優先型の僕が地方で営業を1年やって鬱になりかけた話

他にも、副業をすることで現職の比率を下げるのも手です。

一つの価値観に縛られるのは、精神的にキツいと思うので、自分の意思をより反映させやすい場所を確保してみて下さい。

僕はカテマッチという地域のママさんのマッチングサイトを作ったら300名近い登録をしてもらえました。

これを作るのは自分の意思なので、自分の価値観に沿って仕事が進められました。

こういう場所を作るのも手だと思います。

少しでも興味を持って下さった方がいましたら、Twitterをやっているので見てください。
自分の価値観に合わせた働き方をしようと少しずつですが、動いているかと思います。

f:id:HighCor:20180514005926j:plain

幸せに生きるために

皆さんは幸せですか?

僕はまあまあ幸せです。
では皆さんは何が自分を幸せにするか知っていますか?
何が自分を悦ばせるか知っていますか?
モチベーションの源泉は何ですか?

これを知ることは人生を幸せだと感じる上で重要です。
知っていれば、できるだけそこに近づこうとしますし、知らなければ世の中の大量の情報の渦の中に曝され疲弊する怖れがあるからです。
僕も考え自問自答を繰り返し、人にも聞いたりして導き出しました。

若干暑苦しく感じるかもしれませんが、読んで頂けると嬉しいです。

僕のモチベーションの源泉は、暫定的に、以下の3つです。

モチベーションの源泉3つ

1.成長感

普通、成長は何かを達成するために必要な過程としてあるものですが、
僕はこれが目的です。

何の目的も無くても、何かが成長していれば快感があるのです。
小さいところで言えば、ダイエットで2痩せること、貯金額が増えてくること、テストの点が上がること、ブログのページビューが数PV増えること、このようなことでも快感があります。

ほかにも、イギリス留学をして英語力を伸ばしたり、東大を目指して勉強したり、アメフトをして身体と精神を鍛えたり、と成長できる機会を見つけては挑んで快感を得ています。

では何が成長感という快感に走らせたのでしょうか。
ひとつ象徴的な言葉で言うと、僕の心に刺さっている夏目漱石「こころ」のKの台詞、
『精神的に向上心のないものはばかだ』が挙げられるでしょう。
「精神」の向上を目指さないものは愚かなのです。

もともと少しでも向上してないと面白くないよなぁ、と思っていたので、この台詞は心に刺さりました。

精神の優劣など実際にあるのでしょうか?
僕はあると思います。

ガンジーや田中正造、ロバートオーウェンといった人物の精神構造が一朝一夕で培われたものではなく、日々を積み重ねているからこそ向上した精神だと感じるからです。

精神を向上させるためにも、いつも成長を感じていたいのです。

2.貢献感

何か行動した結果、誰かにとってプラスの影響を与えられたら、幸せに感じます。

特に気持ちが滅入っていたり、マイノリティで孤独感を感じていたりする人に貢献できるとうれしいです。

それは、自分も孤独感に苛まれていたときに誰かに声をかけてもらったときに救われた感覚になったことを覚えているからです。
僕もだれかにとってのそんな人になりたいです。

3.良好な人間関係

僕は基本、あまり人に干渉しないし、されたくないタイプです。
普通は人といい関係を築けるのですが、苦手なタイプがあります。

それは高圧的にきたり、干渉してくるタイプです。
そんな権限はないはずなのに、なぜかあると思ってしまうのでしょうか。

しかし、このタイプに反発してしまう自分の癖があることに気づきました。
話を早く終わらせようとしたり、頑なに自分の意見を守ったりする傾向がありました。

そのことに気づいてからは、むしろ、相手の意向を知ることに注力しました。
前にも書きましたが、細かく相手の反応を伺い、こちらの意見への納得度合いを測り・・・、を繰り返すのです。

【コミュニケーション能力不足】自分の課題を振り返ったら、心が痛かったけど、意外に収穫があった するとどうでしょう。
今まで苦手だったはずの人がこちらの意見に理解を示してくれるようになりました。

僕は良好な人間関係の中で過ごしていたいので、このような対人スキルも上げていこうと思います。


以上、3点が僕を悦ばせるポイントです。

これらを得る方法として社会起業があるのです。誰かに貢献しながら成長できる。そして自分がオーナーなら人間関係もいいはずです。


皆さんも自問自答を繰り返して暫定でもいいので答えを出してみてください。

すると将来何に近づけばいいのかがうっすらでも見えてくると思います。
1人で厳しいなら誰かに手伝ってもらうのもありです。

僕は上司に手伝ってもらいました。

モチベーションの源泉を知ると無駄だと感じる時間を減らせ、重要だと思う時間を増やすことができると思います。
有限の人生で少しでも悦びの多い時間が過ごせれば幸いです。

以下、関連記事になります。

【考察】人生は無意味。だから頑張らないのか、だから頑張るのか?

週末起業
本日紹介するのは「週末起業 -虎の巻- 会社を辞めずにできる起業の練習帳」という書籍です。

今は会社員として働いているけど、もう少し自由に働きたいなぁ、と思うことありませんか?

天気が良い日は、ふと仕事をせずに、公園でのんびりしたり、オシャレなレストランでワインを飲んだり。
雨の日は、家から出ないで小説を読み更けたり。

で、まぁ気が向いたら仕事するみたいな自由な働き方。

一方で、起業やフリーランスは定期的にお金が入らないし、失敗したら取り返せるかわからないし、リスクが怖いなぁとも思いますよね。

こんな気持ちを持っている自分に、週末起業の考えはぴったりでした。

【新装】週末起業 虎の巻 会社を辞めずにできる起業の練習帳

【新装】週末起業 虎の巻 会社を辞めずにできる起業の練習帳



週末起業で自分の市場価値向上


特に以下の章に共感しました。
▼あなたが、下請企業の社長だったら

こんな零細企業があるとします。大手メーカーの下請けの部品製造工場で、得意先はその大手メーカー一社のみです。
昨今の不況の影響もあって、毎年コストダウンの要求は厳しく、価格は得意先の言い値です。自社では決められません。いきなり取引を打ち切られる可能性もあります。そうなればおしまいです。
もし、あなたがこの会社の社長だとすると、どのような対策を打ちますか?経営コンサルタントなら、次のようなアドバイスをするでしょう。
「取引先を増やしましょう」
「新規事業を開発しましょう」
 
振り返って、サラリーマンが置かれている境遇はいかがでしょう?
 このような零細下請企業と同じ状況に置かれているとは言えないでしょうか?"
 
これは何も考えずに会社で何年も過ごすとありえそうな話です。
自分の市場価値を意識せずに業務を行っていると、他社でも求められる能力を身につけられずにその会社にぶら下がるしかなくなってしまうのです…!
 
そこから脱出するのは、自社以外も意識する他ないです。
取引先を増やす、自分の魅力を上げる、ということです。
これらをリスク低く向上させる1つの手が、週末起業だと思います。「自社ブランドの商品を作って売りましょう」
人口が減少して、市場が小さくなっていく日本において、この危機感を持つことは重要だと思います。
会社員も自分の市場価値、いくら生み出せるのか、を意識しないと安く買い叩かれることになると思います。

僕の週末起業案

僕の今のところの週末起業の案は以下の通りです。


•家の一階のスペースで塾

•家庭教師

•ネットでマッチングビジネス

•ナレッジマネジメントのメルマガ

•ブログ


ここから上手く行けば事業としてスケールさせたいです。


(2019/3/16追記)

2年前に書いた記事ですが、今、実現しているもの、近づいているものもあります。


ネットでマッチングビジネスは、

ワーキングマザー向けの転職サイトを作ったり

ママキャリア

地域のママが繋がれるサイトを作ったりしてます。

カテマッチ

また、家の1階で塾というのも、今、家の改装プロジェクトと共に進めています。

週末起業は、時間がかかりますが、着実に前に進めます。

波に乗ってくると、週末だけでなく、移動時間や昼休み、退勤後など、隙間時間を上手く使って事業を行うようになっていきます。
(追記終了)

この本は引用部分以外にも週末起業に参考になる部分が多々あります。

196ページと短めですが、具体的にどう進めればいいのかエッセンスがぎゅっと分かりやすく詰められています。

紙だと¥1600くらいですが、電子版だと¥600くらいなので、もし買うならそちらで買うことをオススメします。

↓アマゾンに飛んで、Kindleで買うとかですね。

では僕も実現に向けて頑張ります。

↑このページのトップヘ