カテゴリ: 社会・政治・経済・思想

f:id:HighCor:20180520233716j:plain


こんばんは。

月曜からの仕事が憂鬱なブルーマンデー症候群


日曜日の夜、明日から仕事の人が多いと思います。
憂鬱な人も多いのではないでしょうか。
「オウチーノ」が取ったデータによると、20代、30代は約半数が、
月曜日に憂鬱な気分になることブルーマンデー症候群と言うらしい)が多いとのことです。


www.j-cast.com


まぁ半数はあまり憂鬱な気分にならないので良いと言えば良いですが、
残りの憂鬱な気分になる方は少し気の毒です。

なぜなら僕もブルーマンデー経験者だからです。
慣れない土地で慣れない営業をやっていたときは、
非常に苦しく鬱になりかけました。。。

またその後も自分の活躍の場を模索する日々が続きました。
光が見えてきたのはここ1ヶ月程度です。

なのでブルーマンデー症候群から抜け出すためには何が必要なのかを
身を持って体験したことから考え出すことができると思います。


ニーチェの言葉がブルーマンデーに打ち克たせる


そこで今回は「超訳ニーチェの言葉」を使います。
この本は自分を励ましてくれ、前に進む、打ち克たせる手助けをしてくれるので、この本とともに3つの印象的な言葉を選び、進めていきます。



超訳 ニーチェの言葉

超訳 ニーチェの言葉


 

自分の評判などが気にするな


 誰だって、他人から自分がどう思われているか知りたいものだ。
よく思われていたいし、少しは立派だと思われたいものだし、大切な人間の部類に入れてほしいものだ。だからといって、自分への評価を気にするばかりに、聞き耳を立てるのはよくない。
 なぜなら、人間というのは間違った評価をされるのがふつうのことだからだ。自分が思うように、自分が望むように評価してくれることなんかほとんどない。そういうのとは全然ちがう評価をされているのがまったくふつうだからだ。だから、腹を立てないためには、自分の評判や評価など気にしてはいけない。他人がどう思っているかなんてことに関心を向けては絶対にいけない。そうでないと、本当は嫌われているのに、部長だの社長だの先生だのと呼ばれることに一種の快感や安心を覚えるような人間になってしまう。


 まずはこの言葉から。
これはありますね。
新人時代は横一線で同期と比べられますからね。
「あいつはどこどこの部署に配属された」
「初受注はあいつだ、新人王はあいつだ」
常に他人に評価されます。

学生時代と比べると、「勉強」という一面よりも「人格全体」を評価されているようで、余計に気になると思います。

でも、一旦捨てましょう。
他人は思うほど正しく他人を見ていません。
印象で見ているので、それを当てにするのはやめましょう。
そうすると少し楽になった自分がいます。

朝起きたら考えること


 一日をよいスタートで始めたいと思うなら、目覚めたときに、この一日のあいだに少なくとも一人の人に、少なくとも一つの喜びを与えてあげられないだろうかと思案することだ。
 その喜びは、ささやかなものでもかまわない。そうして、なんとかこの考えが実現するように努めて一日を送ることだ。
 この習慣を多くの人が身につければ、自分だけが得したいという祈りよりも、ずっと早く世の中を変えていくことだろう。


 月曜の朝にこんな気持ちでいられれば幸せではないでしょうか。
自分が人生の喜びの時間を増やしたいのであれば、誰かの人生の喜びの時間を増やすことが手っ取り早いということでしょうか。
仕事が憂鬱でも、どこかに誰かを喜ばせるポイントはあるのではないでしょうか。
そのチャンスを逃さずに、笑顔にさせられたら、それは一日の任務の大半を終えたと言っても過言ではないでしょう。
…はさすがに言い過ぎでも、チャンスを逃さないように頭を使い、感性も使うので、仕事にメリハリはつくと思います。そのメリハリが自分に活力を与えてくれて、喜びの連鎖のきっかけになってくれるはずです。

 

献身は目に見えないこともある

 

 献身は、道徳的に尊い行為だと思われている。弱者や病人や老人の身の周りの世話をすること。自己を殺して仕えること。自身の命の危険をかえりみずに他人を助けること。医師も看護師も救急隊員も介護士も、献身することが仕事になっている。
 しかし、よく考えてみよう。他の仕事の多くも、実は献身の一つの形なのではないだろうか。宗教や直接の人助けとはまったく関係がなくても、結局は人を助けるために自分を犠牲にした仕事ではないだろうか。農業も、漁業も、運ぶ人も、オモチャをつくることも。
 さらには、思慮深くなされたあらゆる行為さえも、献身ではないか。


 僕たちの仕事は、消費者が受けとる商品・サービスの一部分であったりして、なかなか直接感謝されることは少ないかもしれません。すると、仕事に意義や喜びを見出せず、鬱屈した気分になるのかもしれません。

ただ、会社が存続しているということは誰かがお金を払ってその商品・サービスを買っているということなので、その人のためにはなっているはずです。
そこを想像するのです。
その瞬間、自分の時間を使った献身に意義が生まれます。

さらに意義を強化しましょう。
サービスを受ける人のことを想像します。
何に喜びを感じ、何に不快を感じるでしょうか。
喜びを与え、不快を避ける。
それを深く思案する。

「こんなのがあればお客さん嬉しいよね」
「これは対策をとらないとお客さん怒るよね」

この連続が深い献身となり、いつか自分にも喜びとなって返ってくるはずです。
以上、ブルーマンデーに効くニーチェの言葉3選でした。
僕はニーチェと同じように実存主義者(理想とか宗教的世界よりも、実際の今ここの存在が大切という考え)です。
現実世界では、もともとは人生に意味はないと思っています。
自分の人生をより良くするには、自分で人生に意味づけする作業が必要だと思うのです。



いい人生にするためには、行為の意義を自分から積極的に見出さなければなりません。
ニーチェはその手助けをしてくれます。

今回はブルーマンデーを避ける3つの言葉を選びましたが、この本はニーチェの言葉を232載せています。
文庫のエッセンシャル版も出たみたいで、安くなったし持ち運びもできますので、是非読んでみてください。


それでは良い月曜の朝を。


良ければ以下の関連記事も。


【考察】人生は無意味。だから頑張らないのか、だから頑張るのか?

こんなラジオを聴きました。
津田大介さんと東浩紀さんの掛け合いです。



#jamtheworld 東浩紀「大統領令を連発するトランプ氏、そこから垣間見える民主主義の欠陥」 20170130


内容を一言でまとめると、
「トランプは民主主義から生まれた大統領だけど、トランプヤバいから民主主義ってヤバいよね」ってことです。
Twitterで大衆のリアルタイムのフィードバックが可能になった今、大衆の感情をつかみとることが可能になりました。
事実よりも感情を優先させる大衆に政治を任せるのは危険なので、制度から改変することを考える必要がある、とのことです。


 


さて、今回僕がこのラジオを聴いて考えたいことは「民主主義を体現するとどうなるのか?」ということです。
トランプ氏は選挙で選ばれたアメリカ国民の多数の意思を反映した存在です。
一体、民主主義とはどの程度の層がどのように動けば結果が変わるのでしょうか。

それを考えるために「便宜的」に偏差値の図を使って考えてみましょう。


(良い悪いの判断は別にして、現実を把握するためにあくまで「便宜的」に導入します)
偏差値は学力でも年収でもいいですが、何かしらの国民の序列を表すものとします。




出展: 偏差値の話


大統領選の投票率が大体50%程度で、トランプ氏とクリントン氏が半々くらいで票を分けたので、トランプ氏は有権者の25%を占めたと考えてよいでしょう。
いろいろな捉え方があると思いますが、例えば偏差値45~55の普通そうな層のうち66%を占めると25%に達します。

学力が偏差値45~55の大学というと例えば以下をご覧ください。


manabi.benesse.ne.jp


標準的です。

また年収を偏差値化したのは以下の通りです。


男性の年収偏差値|統計ラボ


400万~600万円が男性の偏差値45~55みたいですね。
これもまた標準かそれよりちょっと高めのイメージですね。

偏差値65以上の上位7%の人は「自分の頭で考え勉強も進んで行い新たな価値を作っていく」イメージがある一方で、偏差値45~55の中間38%を占める人は良くも悪くも「普通の人」の感じがあります。
メディアの話を鵜呑みにしている!とはまったく思いませんが、物事を疑い事実を根拠にした推論をするよりは、感情的に受け入れやすい論を採択する傾向があるように思います。
極端な話、この標準的な層の66%の支持が得られれば当選できるのが民主主義です


今回は大統領選を例に挙げていますが、日本の選挙も投票率50〜60%、小選挙区で(一応)二大政党なので似たように考えられると思います。

愚かな民衆による民主制がいいのか、エリートによる専制がいいのか、天才による独裁がいいのか、また他の政治体制がいいのかは議論は尽きないと思います。



因みに東氏は民主主義は全体主義に近いということを、同様の指摘をしている過去の思想家や学者を挙げてツイートしています。




今回は偏差値ベースで選挙や世論形成について考えてみました。


これが現実とは思わないものの、現実を考える手助けにはなると思います。


皆さんも今後の現実を考えるときの手助けにしてみてください。


資本主義の限界と贈与経済

突然ですが、皆さん儲かってますか?
僕と同じ30代や若い世代はあんまり儲かってないよ、稼いでないよという人が多いのではないでしょうか。
年収は500万円に届かないくらいだと、月の手取りは25万円とかその程度です。
贅沢な暮らしは遠い夢のようです。

しかし、今よりは成長期を過ごしていた上の世代はもう少し多くもらっているように見えます。
もちろん、その理由は単純には言えず、複数の要因から成っていると考えられますが、経済成長に限界が見え始めたのではないでしょうか。

20世紀は、資本主義と社会主義の争いの時代だったと言えます。アメリカとロシア(ソ連)の冷戦やベルリンの壁は象徴的だと思います。
社会主義が倒れ、資本主義が絶対的な覇権を握るかに見えました。

しかし、それも長くは続かずに、深刻な格差を生むレベルになりました。
資本主義が行き詰まりを見せる中、注目されている考えが「贈与経済」とか「評価性経済」とか呼ばれる経済体制です。

贈与経済とか評価性経済は岡田斗司夫氏や内田樹氏が本にまとめ提唱しています。
ざっくり言うと、お金でモノ•サービスを流通させていたのが資本主義経済とすると、お金がなくてもその人の評価を担保にしてモノ•サービスを流通させる経済システムが評価性経済です。
評価は例えばTwitterのフォロワー数とかに当たります。
Twitterやレビューサイトで自分への評価(フォロワー数やランク)が高い程影響を与えられるイメージです。
マンガ「ブラックジャックによろしく」をWebで無料公開したら紙のマンガの売上も伸びた、と言った話も評価性経済に関連します。

資本主義の限界を突破しようとする西野さん

キングコング西野さんが絵本「えんとつ町のブペル」をネット上で無料公開しました。
彼のブログで無料公開にしたこととその結果について書かれています。
象徴的なのはこの言葉です。

しかし僕は、『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます。

1億人を楽しませることができたら、その瞬間は1円にもならなくても、後から何とでもなると思っていますし、なんとかします。

お金を挟まずに、自分への信用が、自分への評価となって何かしらの形で返ってくるのではないかと考えています。
まさにこれが資本主義の限界を突破しようとする贈与経済の考え方ではないでしょうか。

lineblog.me因みに西野さんはニコ生で岡田さんの番組に出てたりするので、絡みを観たい人は是非見てみてください。

資本主義の限界を突破しようとするRADWIMPS

RADWIMPSの作品の中に「アイアン バイブル」という曲があります。

これは2013年12月の曲なので3年前ですね。

晴れた空が僕らに見返りを求めてきたとしたら
どんだけかかっても 笑っても泣いても 払えるもんなど僕にはない
僕を僕たらしめるもの 人やその他諸々
すべてに借りを返そうなどと したとこで一生すぐ終えるでしょう

ならば俺はばら撒くんだ もらった種を咲かすんだ
おりゃそっちの方にかけてみようと思うがどうだろう?

 晴れた空が日光を与えている見返りに対価を求めてきたら、とんでもない額になりそうですよね。
すべての欲求を満たすものに対価がつくのが資本主義だとすると、その発想の限界を指摘して、贈与という世界に賭けてみるという意志を感じます。

資本主義の限界を突破しようとするSmartNewsのCEO鈴木健

SmartNewsというアプリは、テレビCMもやっていたりと、割と有名なニュースアプリで知っている人、使っている人も多いのではないでしょうか。
その経営者、鈴木健氏の著書「なめらかな社会とその敵」が挑戦的な本です。

複数の章からなるのですが、とくに評価性経済をシステム化した伝播投資貨幣PICSYは面白いです。

行列式で表される計算で貨幣価値が決まるシステムです。

想定実験も行なっていて、実現したらと思うとわくわくします。

どうですか?
時代は確実に評価性経済に焦点を当てています。
どちらも3年くらい前の話で日本や世界が贈与経済に進むのかどうかわからない時代だったのでその分心を躍らせました。
現在のところ、資本主義が滅んで、贈与経済に変わるというよりは、並存して好きな経済システムに行き来できるような世界観だと予測されています。
ただ、この手の話は一気に流れが来たりするのでよくわからないというのが正直なところですね。

キンコン西野RADWIMPS鈴木健、と僕が面白いと感じている人や事柄の話から評価性経済、贈与経済の共通点を思い、紹介してみました。

良ければ、聞く&読んでみてください。

なにかミステリー系アメリカドラマで面白いコンテンツないかな、とお探しのあなたに。
クリミナルマインド、メンタリスト、パーソンオブインタレストとかが好きなあなたは、一話完結型ではないのですが、趣味が近いので楽しめる可能性はまぁまぁ高いと思います。



Mr.Robotのあらすじ


Mr. Robot』(ミスター・ロボット)は、アメリカテレビドラマシリーズです。シーズン1はアメリカでは2015年に放送されました。2016年にはシーズン2が放送され、2017年に、シーズン3が開始されています。
ざっくりミステリー系に分類されますかね。

簡単にシーズン1の冒頭を書き記すので、知りたくない人は次の段落まで読み飛ばして下さい。
主人公は、エリオット・オルダーソン。ニューヨークに住む若者で、サイバーセキュリティ会社『オールセーフ』にてエンジニアとして働いています。
ある日の深夜、世界のあらゆる産業を牛耳る複合企業であり、オールセーフ最大のクライアントでもあるEコープのサーバーが激しい攻撃を受けました。
会社に呼び出され、事態の収拾に当たったエリオットは被害を食い止めることに成功するも、感染したサーバーから「f・ソサエティ」なる謎の言葉を発見します。
その後地下鉄に乗っている時に謎の男、Mr.Robotから接触を受けたエリオットは、先日の攻撃を防いだという腕を買われてハッカーチーム、「f・ソサエティ」へ入るようスカウトされました。
彼らの目的はEコープの保有する金融データを破壊することによってありとあらゆる借金、ローンを帳消しにし、かつてない富の再分配を引き起こすことだったのです。

このドラマはかっこいいポイントがいくつかあるので、おすすめポイントとして挙げます。

かっこいいポイント①:今更、資本主義や格差社会に反発している


あらすじにも書いたとおり、格差社会で偏った富を平準化させることが、主人公たちが求める世界です。
そう、資本主義に対するアンチテーゼが結構ある話しです。
ソ連が崩壊して共産主義国家が倒れたのが1991年です。
30年近く経とうとしているのに、今更、資本主義批判かよというのが逆に新鮮に感じます。
まぁ40歳以下の人にとっては30年前は10歳以下なので、資本主義批判は新鮮に映るのかもしれませんね。

1%に支配されていると立ち上がったウォール街を占拠せよの運動が2011年でした。
4年経ってやっと一般的な層にも受け入れられるほど、アメリカの人たちの困難さが増しているのかとも邪推できます。
とにかく、格差社会の下のほうになってしまった人たちや、逆に収入は一定はあるものの理想の社会になっていない不満がある左派層とかに訴求したのかと思います。

どうよ、今の経済状況は?と思っている人、内容は全然難しくないのでオススメです。

かっこいいポイント②:リアルな映像を活用


ストーリーの合間合間に出てくる映像がリアルのものを使ってたりするので臨場感や違和感みたいなものが出ます。
それこそウォール街占拠やスティーブジョブズ等が名指しで批判されてたりするのは日本ではなかなか見られないヒヤヒヤする点だったりします。
全体的に映像も計算されていてかっこいいと感じることが多いと思います。


かっこいいポイント③:フードを被っている主人公



f:id:HighCor:20180508021640j:plain


僕はただ、フード被っている主人公がかっこいいと感じてならないので共有したくてこの記事を書きました。

休日、グレーのパーカーを着ることが多いので真似してます。

黒のパーカーかっこいいなぁ。。。

気持ちが強まれば、春先とか、平日に出勤退勤時に着て行こうと思います。

「お疲れしたー」って言いながらフードをざっと被るのかっけぇ…と思うこと請け合いです。

以上、3点のポイントでした。
Amazonプライムビデオでシーズン1~3が観られるのでよければ観て下さい。
30日間無料キャンペーンをご活用あれ。


1ヶ月ぶりの更新となりました。
仕事始まるとあまり書けなくなりますね。


その1ヶ月の間に都知事選が終わりまして、小池百合子さんが選ばれました。
リベラル側の自分としても、思想・イデオロギー以上に、
他の候補者が都のリーダーとして至らないと見受けられたので、
リベラル勢には入れず、小池さんに投票しました。

心情としては、嫌だなぁと思いつつの投票です。
鳥越さんへの暴言を指摘された後に「記憶にない」、
映像を見た後に「これが選挙です」はあまり尊敬できる態度ではありません。

人として嫌悪感を感じるが、一番マシな人を選ぶしかないことによる行動です。
-1,-5,-10だったら-1を選ぶ的な。

あとは猪瀬さんのニコニコ生放送(ニコニコ動画という動画サイトの生放送の番組)
での発言も考慮に入れました。
公示前日に東浩紀、津田、夏野、ひろゆき、茂木の五人で飲みながら
都知事選を語る番組だったのですが、リアルタイムで見てました。

後半、茂木さんが猪瀬さんに電話をかけたことから、
番組に猪瀬さんが来たのですが、そこからすごい展開でした。

そこで都政ついて猪瀬さんに聞いたときに、ドン内田の話題を出したんですね。
もちろん猪瀬さんの視点で語られているので一面的ですが、
ファクトとエビデンスをもとに語られるので説得力があります。

ちなみに僕は猪瀬さんもそんなに好きではありません。
学生時代に彼の授業を受けたことがあるのですが、
いばりん坊なんですよね笑

まぁ、そんな好きでない人の意見を参考に、尊敬できない人に投票した都知事選。
ファクト、エビデンス、データを元にしました。
まぁそれらがあっても政治の議論は基本、空中戦になるんですが。。。

あと、リベラルだけど鳥越さんに投票しなくて良かったと思っています。
あとからインタビューが出てましたが、あまり責任感を感じませんでしたし。。。
ただ思ったよりは現実に立脚しているとも思いました。
一言の失点はそんなに影響しないとか(したのかもしれないけど)。


「ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/10/shuntaro-torigoe_n_11422752.html


開票日に行われたニコニコ生放送の選挙特番には宇都宮さんが出てたのですが、
彼の活動は地道ですごいと思いました。
筋が通ってたし。
30年後はまともな勢力が育つんじゃないかな、と思わせる内容でした。

ざっとこんな感じで振り返り。
あとでやる気があれば各論にも入りたいと思います。
それでは。


↑このページのトップヘ