カテゴリ: ビジネス

こんばんは。
本日は以下の記事の感想です。

人材紹介会社マッチングのgrooves、地銀系VCなどから1.8億円を資金調達——地方の人材不足解消を支援
https://newspicks.com/news/2821196/


Crowd Agentを運営するgroovesが2億円近い資金を地銀VC等から調達しています。Crowd Agentは企業が登録すると全国1000以上の人材紹介会社と繋がれるプラットフォームです。地方企業がこのサービスを使うメリットを以下のように述べています。


groovesでは、地方企業が人材紹介会社を利用することの効果について「地方企業がウェブメディアに掲載されたとしても、都市部から転職しよう、とはなかなかならないもの。しかし人材紹介会社が、企業のメリットなどを細かくヒアリングして魅力を伝えることで、転職が起こりやすくなる」と説明する。

「例えば、大分県に資本金1000万円未満のIoT関連スタートアップがある。普通に転職活動をしていたら、出身県だったとしても転職先候補には挙がりにくいし、気づかれない可能性がある。そうした企業でも、『大分ベンチャーキャピタルや行政からの支援も得て、IPOを目指しているんですよ』といった情報を人材紹介会社が説明することで、『それじゃあ、3年とか5年ほどそこで働いて、実績を上げてみるか』ということも起こりうる」(grooves担当者)


しかし、ここで疑問が湧きます。
人材紹介会社は現状、転職候補者のボリュームが大きい都市部に営業部隊を置いています。地方よりも都市部のほうがコスパが良くなるからだと考えられます。
どうしてgroovesは地方企業のヒアリングが可能になるのでしょうか。

 

その答えは地銀VCからの出資でしょう。
地銀VCが投資するのは、Crowd Agentは求人開拓も担っているので地方企業への人材支援を期待するからです。

地方企業の人材支援が活発になり、企業活動も活発になれば、地銀から借りてくれる資金も増えることを見越しての投資だと思います。

 

現時点で、地方の人材紹介が成功するかは未知数ですが、僕はある範囲で成功すると予測します。
それは、副業の領域です。
がっつりと地方に移住して、そこで稼ぐというのは都市の人にとって結構ハードルは高いですが、副業なら可能性はあります。


この記事にもあるように、都市の人と地方の企業のマッチング率は高いように思えるからです。
Crowd Agentが転職にこだわらず、副業系の求人も集められたら、一定マッチするように思えます。


政府が助成金を出しても時代の流れに抗うのは難しいですが、時代が求めている方向にお金を置いて流れを加速させるのはありえるのかな、と考えています。
地方創生もこの方向で行くんじゃないかなと予測しています。

現実がどうなるかわかりませんが、地方と副業に関しては感度高く行きたいと思っています。

 

2018年4月15日(日)の巨人、広島戦東京ドームの試合を観に行きました。


試合はひやひやの展開でしたが、最後を中崎が締めて広島が勝ちました。


観戦をしている中で、ユーザー視点で気になった点が2つあったので、共有します。
1つは東京ドームに連絡をして回答をもらえました。



投球回数が見えにくい点が気になった


東京ドームでは、投手の総投球回数が表示されます。


f:id:HighCor:20180423222619j:plain


写真でも見えにくいと思うのですが、肉眼でも結構厳しかったです。
なので、「回」という文字を省いて数の表記を大きくしてもらえないか東京ドームに連絡してみました。


答えは、「東京ドームとしても、状況は把握してるものの、元データは東京ドーム側では編集不可能なため、対応を検討中」とのことでした。


なるほど、それはどうしようもなさそう。。。
僕は連絡の送り先を間違ってしまったのですが、丁寧につないで答えて下さった東京ドーム担当者の方、ありがとうございました。


カップホルダーの使用法が気になった


下記は僕の座席の前についていた(ドリンク)カップホルダーです。


f:id:HighCor:20180423223859j:plain


最初は片手でワッカを持ち上げて、もう片方の手でドリンクを入れていました。
しかし、途中でツイッターの情報で片手でできることを知りました。


ワッカの奥側を、カップでテコを使って押し上げるようにすると、ワッカが持ち上がり片手ですっぽり入れることができます。
神宮では放送しているみたいです。
何らかの方法で使い方を共有してほしいですね。



以上、観戦しながらもユーザー体験も意識して楽しんでいました。
あと、個人的に細かい点で気になったのは音楽の騒々しさですね。
個人差があると思うので一概には言えないと思いますが、選手登場の音楽とかうるさくて早く終わってほしいと思って見ていました。。。


昨今はボールパーク化が進み、マツダスタジアム横浜スタジアムは観客を楽しませて集客に成功していますよね。
横浜スタジアムはもはや横浜という土地がそうさせているのかもしれませんが、あの開放感は好きですね。
好きな球場って何かテーマを定めてその方向性で観客を徹底的に楽しませようとしているように感じます。


翻って自分の仕事でもユーザーに楽しんでもらえる設計になっているか考えるきっかけにもなりました。
皆さんもエンターテイメントの場はもちろん、いろいろな場面で試してみてください。


僕は現在、人材会社5年目で東京の企画職なのですが、1年目は名古屋で営業をしていました。
周りは優しくしてくれたし、成果もまぁ悪くはなかったのですが、自分の今までと違った環境ややり方にどこか馴染めず鬱になりかけたので、それを伝えます。

研究室のようなロジカルな世界から急に体育会系のような営業の世界に飛び込んでしまった・・・、体育会系は肌に合わないかも・・・、といったような状況にいる1年目のあなた、まだ4月ですが徐々に精神を追い詰められる可能性があります。

これを読んで、放っておくと鬱っぽくなる可能性があることを認識してもらいたいです。
1回、自ら精神科的なところでも診てもらうくらいまで行きました。
僕は偶々1年で東京の企画職に異動になったので、事なきを得たのですが、人によってはどうしようもない状況に八方塞と感じているのではないでしょうか。
僕は精神科医でも心理学者でもないので正解の対応法は知りません。
自分なりの考えを書き連ねるので参考にできそうな部分だけ参考にしてみて下さい。



理系院卒ぶって、営業予算にもなぜ?と考えてしまう


研究室にいるとなぜ?と物事の原因を考える癖を徹底的に仕込まれます。
一方で営業の仕事は、お客さんからの問い合わせや社内からの要望や質問、上司からの指令など、次から次へとやることが舞い込んできます。
なぜと考えることは非常に大切なのですが、1年目で経験がない中でそれを始めると時間ばかり取られて大した答えも出てきません。
ただ僕は、なぜこの予算が妥当だと設定されたのだろうか?とか思っちゃうタイプなんです。
なぜならそれが自分の行動の根拠になるものだからです。


通常業務も満足にできないのに、企業にとっての生産とは関係のないところになぜ?という疑問をもってしまう。
そこに時間が費やせなくなるので、自分の行動の根拠が良く分からなくなってくる。
行動の根拠が分からないと、次第に精神は弱っていきます。


文系的な感情を疎かにし、理系的な論理を崇める営業スタイル


現実の場は、論理が重要なときもあれば、感情が重要な場面もあります。
夏目漱石もそんなようなことで悩んでいたと思います。
なぜ論理を優先せず非論理的な感情論ばかりがまかり通るのだろう、と憤ることも多いかもしれません。
重要だな、と思うのは自分はロジカルだと思っていても、自分も結構感情で決めているということに自覚的になることだと思います。


自分をロジカルだと自認しているほど、驚くほどに感情的な自分に無自覚です。
あいつの意見を俺がよく聞くのは、実はあいつが俺の言うことを聞いてくれて俺を気持ち良くしてくれていたからだったのか。
あの人の言うことはてんで的外れだと思っていたけど、それはそもそもあの人のことが嫌いだから反論できるポイントを見つけに行っているのかもしれない。


みたいに自分の行動と感情を振り返ってみると気づく点は結構あります。
そして、ああ自分も感情に結構支配されているんだなぁと気づいてみて下さい。


すると、感情を疎かにして、論理を崇めていた自分に優しく諭せるようになると思います。


確かに論理は重要だ。しかし、人間である以上、その論理の正しさを認めるのは感情なのではないか、と。


院卒のプライドからか、営業数値も人と自分を比べてしまう


自分の方が合理的に物事を捉えられている、というプライドが生まれてしまうのでしょうか。
あまり他人を気にするタイプではないのですが、無意識にこうなっていたかもしれません。
営業なのでもろに数字が出ます。
また数字以上に内容にも納得がいきませんでした。
顧客の課題を解決していく同期とそこまでたどり着けていない気がする自分。


この焦りに似た感情はかなり自分を苦しめました。


自分が何をしたいのかが不明瞭


自分が何をしたい、どうありたいと願っているのかを知っていることって意外に重要です。
それが行動を続ける原動力になるからです。
逆にこれがないとフラフラします。
まったくこれがなくてフラフラ仕切れるなら強いと思いますが、普通、中途半端にこうしたいという気持ちはあると思います。
それが社会に出ると、強いこうしたいという気持ちに押し切られることになるのです。


謎の誰かの気持ちに巻き込まれることを防ぐためにも、自分が何をしたいのかを明確にして、そこに集中することが大切だと考えます。


自分が何をしたいのかを明確にするのは、自分でできることです。
これを育てることって意外なことに社会においては重要だったりします。
若いうちに少しずつでもいいので育てておくことをオススメします。


慣れない営業でも、鬱を避けるために大切なのは余裕と意志


以上、4点、僕が営業のときに自分の精神を追い詰めていたとおもう姿勢や考え方を挙げました。
書いていて思ったのは大切なのは、まずは余裕です。
焦ると周りが見えず、攻撃を始め味方も遠く離れさせてしまう可能性があるので、余裕を持ちましょう。
で、自分が何をしたいのか、意志を明確にしましょう。
というのが僕が今考えている結論です。


似た状況で苦しんでいるという人がいたらツイッターでメッセージとか頂ければ可能な範囲でお答えします。
身体は普通なんだけど、精神がやつれていく感じの辛さは僕も体験して厳しいものでした。
無理はせず、身体からの信号に正直にすごして下さい。
逃げる余裕があれば、転職するのも一つの手だと思います。
第二新卒向きの転職サービス等を使ってみてください。


関連記事


人生で何をするべきか迷っている方は是非下記記事を。


【考察】人生は無意味。だから頑張らないのか、だから頑張るのか?

人材の会社に5年勤めています。
やはりこの仕事をしていると働くことについて考えることが多いです。

毎日、何十、何百といった企業の求人票や個人の職務経歴書を読むので、仕事についての価値観みたいなものを形成しやすい環境にいるのかもしれません。
仕事とは、「生きることそのものである」「自己肯定を生むもの」「お金を稼ぐ手段に過ぎない」、それはもう色々な価値観があります。
そんな中で僕が思う、割と長期的に、死ぬ直前に良い人生だったと思えるような仕事に対する価値観をつらつらと述べたいと思います。



自分らしい「個性」を出して働くという仕事の価値観


現代の仕事は個性を出すよりは、なるべく色を出さず、平準化された仕事をすることが求められます。
チェーン店などで、同じお金を払っているのにサービスが違ったら不公平というのもあります。

しかし、AIの発達によって、ロボットでできる範囲がかなり広がってきているし今後もある程度定型化できるものに対しては置き換わっていくことが予想されます。
すると、人間にはロボットにできない分野の仕事をすることが期待されます。
それが一つに「個性」なのではないかということです。

コンビニの店員さんでも、「自分の行動を全部口に出して説明しちゃうAさん」や「アイスを買って、袋いらないですと言ったら、不思議そうな顔をしてアイスの袋を破ったBさん」が実在するのですが、個性的だと思いませんか。
仏頂面で仕事をしている人よりも、堂々と輝いて見えます。
要は個性とはそういうことだと思います。
・・・違うか。

もう一方では、人間の方も「個性」を出してはたらきたいという欲求が高まっていると思います。
誰にでもできる仕事より、自分だからこそできる仕事がしたい、好きだと思えることを仕事にしたい、というような欲求です。

例えば、日本仕事百貨というサイトはそういった「個性」を大切にする仕事情報サイトですが、そういったニーズを掴んでいるのだと思います。


f:id:HighCor:20180411232929p:plain


shigoto100.com


「自分に合う環境で創造性豊かに働く」という仕事の価値観


僕は今の大人が割と自分を殺して、上の言うことを唯々諾々とこなしていることが多いと感じています。
大学生までは生き生きしていたのに社会人になって輝きを失う人が結構いるように感じています。
合わない環境にいるにも関わらず、生活のために無為に過ごしているように見えます。
それは、自分に合う環境を就職活動のときに見つけられなかったことに一つの原因があるのでは、と考えています。
なので、就活生がコワーキングスペースに来て、そこで偶然出会う企業や社会人、起業家、フリーランス、就活仲間、後輩とかと何か化学反応を起こす、みたいなことをやりたいと考えています。


就活中、同じ面接を受けた就活仲間とご飯食べに行ったりした経験ないですか?関心は近いけど、所属は近くない仲の人と交わることって、いい情報交換になることが多いみたいです。そういうのが生み出される空間を作りたいです。
リクルートスーツだけでなくて、自分らしくいられる場所で就活できたらいいよなぁとか思っています。


Googleが「プロジェクトアリストテレス」で明らかにしたのも、最も生産性の高いチームに共通する特徴は心理的安全性、つまり自分の思ったことを言っても責められたり非難されたりしない心理的に安全に思えるような環境があるチームだということでした。簡単に言うと皆が自分らしくいられるチームの生産性は高いということかなあと。


世界の最先端企業が自分らしさを大切にするのであれば、多くの組織もそれに流れていくだろうなぁと思うし、これが実感にも合う気がします。


話す前はここまで考えていなかったので、飲んで話しながら自分の考えを広げてもらった感じです。


ということで、僕は今後世の中がそういう方向に進むだろうなぁとなんとなく思いながら、自分の事業を前に進めて行けたら良いなと思っています。


仕事の価値観が合う職場の見つけ方


会社なんてどこも同じと考えている人もいるかもしれませんが、会社ごとのカラーって結構違うものです。
小さい会社であれば、特にトップの影響力は大きいです。
小さい会社に就職しようと考えている人であれば、是非その人と飲みに行ってみて下さい。
その人の価値観・思想がにじみ出てくるのが、組織の面白く、恐ろしいところです。
評価や人事制度、命令系統、勤務形態、あらゆるところにトップの価値観は反映されます。
大きい会社の場合は、社風と直属の上司の両方を知っておいた方がいいです。
社風は付き合う社員の性格の方向性が一定わかるので重要です。
ただ結局自分への影響が大きいのは直属の上司です。
飲みに行けなくても、入社前の面談で職場の雰囲気を見て良いか尋ねてみたり、年齢が最も近い社員の話を聞いてみたいとか言って雰囲気を少しでも掴んで下さい。
人事が感じが良くても、それはそれ、これはこれなので注意して下さいね。


自分がこの職場の雰囲気は居心地が良いと感じるところに就職して下さい。
それが言語化されていなくても自分なりの仕事の価値観なのではないかと思います。


関連記事


 人に気を使いすぎて自分の価値観を大事にできない人は以下の記事を。


アドラー心理学の「嫌われる勇気」を読んだ感想。人生が上手くいかない人は、ちょっとおかしい考え方だけど実践してほしい。

今回感想を載せる本は「史上最強の人生戦略マニュアル」です。
皆さんは人生に目標ってありますか?
僕は目標を持っても、持たなくてもいいと思う派です。

僕個人としては、持ったときのほうが活き活きできるので、できるだけ目標を持つようにしています。
何か目標を持っている方には、この本は心の持ちようと具体的な方法論を教えてくれるので、オススメの本になります。
さらに言うと、言葉が結構過激なので、自分に対する檄になる効果もあります。
激励の言葉多数というより、叱られている気分になるかもしれません。
帰りの電車の中で読んでは、自分の目標である起業に向けた思いを強めていました。

いくつか本文の言葉を紹介して、その感想を述べていきます。



史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル




 




人生戦略マニュアル①:誰もあなたに代わって闘ってはくれない



大局的に見れば自分の問題は取るに足りないことに見えるのではないか ─ ─そんな心配は無用だ 。
私が足首の骨を折って病院に入院したら 、隣のベッドには足を切断したばかりの人がいたとしよう 。ひどい話だ 。
けれども 、だからといって私の足首の痛みがましになるわけではない 。あなたにとって問題であるなら 、もちろんその問題を気にかけるべきだ 。
それだけでなく 、自分の身に降りかかったことが正当か不当か 、くよくよ考えるような状態に 、はまり込まないように気をつけないといけない 。
不当なことであっても 、それはそれとして 、対処しなければいけないことに変わりはないのだ。



これは、自分にとって重要なことであるならば、重要なことだし、他人は関係がないということを残酷なまでに表わした章の中の言葉です。
自分にそんなに自信が持てないというタイプの僕には勇気をくれますね。
とにかく、自分にとって重要なことは、自分が対処するほかないということを自覚しましょう。


人生戦略マニュアル②:どんな時でも自分以外の人間を相手にしなければならない



あなたに身につけてもらいたいのは 、本当に生きることとただ存在することの違いを知り 、区別するための知識だ 。
存在するというのは 、本能的なことだ 。ここでいう本能とは 、自分の意思には関係なく無意識のうちに反応する自衛本能のことであり 、人生の質に関係なく 、ただ日々を生き延びるのをいちばんの目標としている 。
いっぽう 、生きるというのは 、自分が身につけ 、武器となるまで研ぎ澄ました 、ある種の技能や態度 、能力を使うことだ 。
そのいちばんの目標は 、やりがいのある自分だけの質の高い経験をすることだ 。
質の高い人生を作り出すのに必要な技能は 、人生の因果関係を理解し 、コントロ ールする技能だ 。
言いかえると 、自分の知識を生かして 、望むようなかたちで物事が起きるようにすることだ 。
つまり 、自分および他人がなぜそんな行動をとっているのか 、なぜ行動しないのか 、その理由を知ることである 。
こうした知識は 、人生の競争の中で信じられないほど役に立つ武器になりうる 。



① で自分の重要性について語ったのとはうってかわって、他者の行動原理を理解することの大切さを説いています。
自分の望む形を作るには、他者の助けが必要です。
そのためには、他者が自分のために動いてくれるようにする知識を蓄える必要があるのです。


人生戦略マニュアル③:痛みはあなたに人生戦略の方向付けをしてくれる



 痛みはあなたに方向付けをしてくれる。痛みを原動力にして現状から抜け出し、自分が望む状況に持っていくのだ。そうすれば、あなたを今苦しめている痛みが、あなたの武器に変わる。人生を変えなければとあなたに思わせる、またとない動機となるはずだ。
 生まれつき、危険を冒すのを何とも思っていないように見える人もいる。彼らは、自分が望み夢みるものを手に入れるまで、腕を伸ばし続け、行動し続ける。彼らは、危険は人生につきものだと考えている。



痛みは僕たちは避けるべきものだと考えていると思います。
しかし、望みのものを手に入れるためであれば痛みも厭わない、という精神が、本当に望み夢見るものを手に入れるためには必要ということです。
結構ストイックな考え方ですね。

自分がふと危険から遠ざかろうとしている瞬間を感じることがあります。
ほしいものがあるならば戦えよ、という感じですが、そんなときがあります。
この文章を読んで、そこまでストイックなのもどうなんだろうと思いつつも、やった方がいいなと思い直しました。


起業したい自分はなにをするのか


実際、今僕は自分で事業をするために、いろんな人に話を聞いて現実味を確認しています。
個人ユーザー、法人クライアント、それに関連する業務をしている人、様々な人に話を聞くことでニーズや課題がどこにあり、解決策を講じれるかを判断しているところです。
社内の新規事業としてやるか、起業するかは迷うところではあるのですが、この本を読んで、いけるとこまでは自分でやってみようかなと思えるようになりました。
やる事業のイメージは複数の拠点が使えるシェアオフィスの廉価版です。

一定、個人ユーザーのニーズはありそうなので、法人に働きかけてみようと思います。
1時間500円以内、3時間1000円以内のコワーキングスペースが対象の法人になるので、連絡してみます。

とまあ、僕は起業に向けて細々と行動を起こしています。
このブログを読んでいる人の中にも起業したいという人いると思います。
良ければコメントとかで励ましあえるといいですね。


文庫版が以下のリンクになります。
自分を盛り上げること間違いないのでよければぜひ。



以下が関連する記事になります。


 攻める気持ちを持つという点では共通ですね。


真面目なサラリーマンが上手くいかないのは守りに入るから。リスクを背負い、試し続けることが生産性大幅アップのポイント。

 他者に動いてもらうための方法論です。


D・カーネギーの「人を動かす」は自分を変える格言の宝庫">D・カーネギーの「人を動かす」は自分を変える格言の宝庫

↑このページのトップヘ