見終わりました。


前回のブログで言うと2よりは1に近い感じですかね。


褒めると見せかけて、バカにするいじり。


ただ、必ずしもその一面的な見方はできないとも思いました。


東野幸治はお客さんの反応で、ポジションを変えたようにも見えたので。


お客さんの反応で、視聴者の反応も想像できると考えると、お客さんを笑わせるのは大切だものね。


お客さんの反応があんまりなのは、やはり嫌われ時代のが大きいんだろう。

人はそんなすぐに人のイメージ変えられないだろうし、嫌いなものはしばらくは嫌い。


他の芸人のスタンスも、一面的にはいいにくいスタンスだったと思います。


眠くなったので続きは気が乗ればまた書きます。


おやすみ。


仕事帰りの電車の中でこの記事を書いている。


21:28。


今日の23:30からアメトークで、キングコングの西野さんの特集会をやる。


ここで私が気になるのは、周囲が彼をどういじるかだ。


いじりの主は東野幸治が担当するだろう。


西野さんは近年はお笑いというよりも絵本作家やクリエイターとして仕事をしている。


ディズニーを超える、というバカみたいなことを言っている一方で、クラウドファンディングで日本記録になるほどお金を集めたり、絵本の絵自体も非常に繊細でユニークで話題になり一定の結果も残している。


が故に私が気になっているのは、彼を周りがどういじるかなのだ。

私は2つのパターンを予想している。


1.夢見たいなことを言っている西野さんを尊敬しているフリをして、バカにするいじりパターン


これは、西野さんの偉業をほめつつ、大枠はバカにするストーリーである。


「絵本はすごい」

「けどディズニー超えるってなんだよ、クスクス」

「前髪ウザいな」

「自分大好きだな」


こうなるとは考えにくい。


一定の努力をしている人間にこの態度をとってしまうと、視聴者から僻んでいる、程度の低い人間に見られてしまう。


あまりいい空気にはならない。

東野幸治がそこをチョイスするとは思えない。


すると2つ目のパターンだ。

2.西野さん嫌いだったけど、実はすごいんです、ただここはムカつきます、いじりパターン


最近の品川いじりに似ているパターンである。


品川さん嫌いだったけど、最近丸くなってつまらない、でも好きなわけではない、みたいなコミュニケーションの取り方である。


一般の視聴者は、あまりTwitterを覗いていない。


西野さんのクラウドファンディングの絵本の情報や渋谷のゴーストバスターの情報がない。


それを、紹介するだけでも番組が一定成り立つことを利用している。


ただ賞賛するだけではつまらない。

東野幸治が賞賛ペースでリードする。

鈴木拓らがここはムカつきますという点を挙げる。

そこを東野幸治が絶妙に拾って笑いにする。


さぁ、最寄駅に着いた。


考察はここまでにしておこう。


実際の番組も見て予想の正誤も判定してみよう。


正直この予想の通りだと、私としてはつまらない。


より面白い番組を期待したい。





なにかミステリー系アメリカドラマで面白いコンテンツないかな、とお探しのあなたに。
クリミナルマインド、メンタリスト、パーソンオブインタレストとかが好きなあなたは、一話完結型ではないのですが、趣味が近いので楽しめる可能性はまぁまぁ高いと思います。



Mr.Robotのあらすじ


Mr. Robot』(ミスター・ロボット)は、アメリカテレビドラマシリーズです。シーズン1はアメリカでは2015年に放送されました。2016年にはシーズン2が放送され、2017年に、シーズン3が開始されています。
ざっくりミステリー系に分類されますかね。

簡単にシーズン1の冒頭を書き記すので、知りたくない人は次の段落まで読み飛ばして下さい。
主人公は、エリオット・オルダーソン。ニューヨークに住む若者で、サイバーセキュリティ会社『オールセーフ』にてエンジニアとして働いています。
ある日の深夜、世界のあらゆる産業を牛耳る複合企業であり、オールセーフ最大のクライアントでもあるEコープのサーバーが激しい攻撃を受けました。
会社に呼び出され、事態の収拾に当たったエリオットは被害を食い止めることに成功するも、感染したサーバーから「f・ソサエティ」なる謎の言葉を発見します。
その後地下鉄に乗っている時に謎の男、Mr.Robotから接触を受けたエリオットは、先日の攻撃を防いだという腕を買われてハッカーチーム、「f・ソサエティ」へ入るようスカウトされました。
彼らの目的はEコープの保有する金融データを破壊することによってありとあらゆる借金、ローンを帳消しにし、かつてない富の再分配を引き起こすことだったのです。

このドラマはかっこいいポイントがいくつかあるので、おすすめポイントとして挙げます。

かっこいいポイント①:今更、資本主義や格差社会に反発している


あらすじにも書いたとおり、格差社会で偏った富を平準化させることが、主人公たちが求める世界です。
そう、資本主義に対するアンチテーゼが結構ある話しです。
ソ連が崩壊して共産主義国家が倒れたのが1991年です。
30年近く経とうとしているのに、今更、資本主義批判かよというのが逆に新鮮に感じます。
まぁ40歳以下の人にとっては30年前は10歳以下なので、資本主義批判は新鮮に映るのかもしれませんね。

1%に支配されていると立ち上がったウォール街を占拠せよの運動が2011年でした。
4年経ってやっと一般的な層にも受け入れられるほど、アメリカの人たちの困難さが増しているのかとも邪推できます。
とにかく、格差社会の下のほうになってしまった人たちや、逆に収入は一定はあるものの理想の社会になっていない不満がある左派層とかに訴求したのかと思います。

どうよ、今の経済状況は?と思っている人、内容は全然難しくないのでオススメです。

かっこいいポイント②:リアルな映像を活用


ストーリーの合間合間に出てくる映像がリアルのものを使ってたりするので臨場感や違和感みたいなものが出ます。
それこそウォール街占拠やスティーブジョブズ等が名指しで批判されてたりするのは日本ではなかなか見られないヒヤヒヤする点だったりします。
全体的に映像も計算されていてかっこいいと感じることが多いと思います。


かっこいいポイント③:フードを被っている主人公



f:id:HighCor:20180508021640j:plain


僕はただ、フード被っている主人公がかっこいいと感じてならないので共有したくてこの記事を書きました。

休日、グレーのパーカーを着ることが多いので真似してます。

黒のパーカーかっこいいなぁ。。。

気持ちが強まれば、春先とか、平日に出勤退勤時に着て行こうと思います。

「お疲れしたー」って言いながらフードをざっと被るのかっけぇ…と思うこと請け合いです。

以上、3点のポイントでした。
Amazonプライムビデオでシーズン1~3が観られるのでよければ観て下さい。
30日間無料キャンペーンをご活用あれ。


↑このページのトップヘ